top products tuning AT-5MT works car used car company report link
Report
GRS184 ゼロクラウン サードCUVU!
サードさんのCUVUのセッティングをしました!トヨタの純正書き換えECUとしてはほんの一部のところでしか出来なかった事が出来るようになり、これから盛り上がっていくでしょう!
まずはフルノーマルの車両からセッティングです!新車で購入されてワンオーナーの低走行車両なのでベースに最適です♪
CUVUの通信は専用の通信機を通して純正の診断ポートからおこないます、残念ながらリアルタイムで書き換えは出来ないんですが、ログが割りとしっかり取れるのでNAならそんなに困りません、加給機がつくと書き込み回数が増えるので1回の書き込みに10分ぐらいかかるのが少しつらいかな?
純正状態とCUVUの通常データーとの比較です、条件は負荷130Nで5分走行後、連続3本パワー計測の3本目です!速度リミッターが効くのでノーマルは途中までですが、とりあえず基本データーでも6PS程度アップしました!
現車セッティング後は一番差がある所でCUVUの基本データーからパワー約18PS、トルク2.6Kの増加となりました♪当社のダイノパックでは係数やいんちき補正は一切していないので273PSは優秀です(^^)ちなみにZ33のノーマルが225PS程度でマフラー、触媒、エキマニを変えて260PS程度なのでサーキットでZより速いな〜と感じたのは正しかったようです♪でもコーナーで全然負けているのでタイムはかなわないんですけどね(^^;)ちなみにJZX100のツアラーVのフルノーマルが約240PSでブーストUpが約300PSです!
でもう一台クラウンのセッティング!もともとトムス製のECUでしたが変更して現車セッティング!サクションパイプが替わっていてスロットルもビックスロットル、サード製キャタラーザーにトムスマフラーという仕様です、こちらも元々より約20PSUp出来ましたが最大パワーは264PSとノーマルより10PS低かったです、いままで色々な車で感じていたことですが、原因はマフラーかな?とカムなどE/G本体を弄らない場合、たいていNAの場合は純正マフラーの方が結果がいいです、余程爆音のマフラーなどに変えない限りその傾向が強いと思います、触媒は大体換えても良い方向に行きます、サクションなど吸気系を替えても良い方向に行きます、ビックスロットルは微妙な気がしますが?実際今回やった2台のデーターを比較してもやはり触媒が替わっているほうが点火は進められます、まだまだ事例が少ないですが、これからもどんどん2GRを極めて行きたいですね(^^)バルタイは良い所が見つかったので良かったです♪もうすぐ200系の設定も増えるのでクラウンユーザーは楽しみにしていてくださいね♪ちなみにいまCUVUのキャンペーンをしています!全品15%OFFで現車セッティングも15%OFFでやっていますので宜しくお願いいたします。
Copyright (c) 2004-2009 Rasty All rights reserved